銀行もカードローンをはじめています

個人向けの小口融資といえば消費者金融が有名だったのですが、最近は銀行系がカードローンとして個人向けの小口融資商品を展開しています。

 

それもメガバンクと呼ばれる三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行といった堅い銀行までもがカードローンを展開しているんです。

 

銀行系と消費者金融系のサービスは一時期は金利の引くさでしょうか。

 

銀行系のカードローンは最高金利で実質年率14%台といったろころですが、消費者金融系の最高金利は実質年率で18%程度になります。

 

10万円を借りたとすると、実質年率14%だと金利は14,000円、18%では金利が18,000円になり年間で4,000円ほど変わってきます。

 

この間に定期的に返済していくのでピッタリこの金額にはなりませんが、これを大きいとみるか、小さいとみるかは人によって異なるでしょう。

 

金利の低さには当然理由があります。銀行が発表しているわけではないのえ憶測として書きますが、金利が低いのは貸したお金の回収の精度が高いからです。

 

お金を確実に返してくれるお客さんが多ければ多いほど金利が低くても銀行は収益をあげることができます。

 

確実にお金を返してくれるお客さんが多いということは、要するに審査を厳しくして良質なお客さんを集めているということです。

 

よく銀行カードローンは審査が厳しいと言われる所以なんです。消費者金融の金利が高いのはある程度リスクを冒してお金を貸しているからです。

 

金利を高くしないと万が一のときに回収しきれないからなんですね。

 

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、とりあえず借りたいなら消費者金融、ブランド志向なら銀行のカードローンといった具合に選んでみてはいかがでしょうか?